ブログblog

あなたの会社に合う優秀な人材はどこにいるのか?

前回では

採用の常識が大きく変わってゆく時代の流れの中で、

あなたの会社なりの「採用方程式」を作っていくことが重要になる

と言うことをお伝えしました。

 

今回は、

あなたの会社に合う優秀な人材はどこにいるのか?について

お届けしたいと思います。

 

・・・・・

潜在的に転職を考えている人の存在に気付いていますか?

・・・・・

 

「もっと自分を活かせる仕事がしたい」

 

あなたは

このような言葉を耳にした経験はないですか?

 

・仕事に生きがいを感じたい

・もっと自分を活かした仕事に出会いたい

・もっと活躍、貢献したい

 

仕事に対して「情熱を持っている人」なら

誰もが抱く感情だと思います。

 

経営者の道を進まれた方なら、

このような気持ちが、独立をするきっかけになった方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

採用を考えた時、

当然、「情熱や、やる気に溢れた人材との出会い」を望むことと思います。

 

そして

採用をしようと考えたら、

まず思い浮かぶのが採用サイトへの登録ではないでしょうか。

 

そこで、

採用サイトに掲載はしてみたものの

 

「なかなか良い人材や欲しい人材と出会えない」

「こんな時代だから」と、

優秀な人材との出会いに諦めすら感じてしまう

そんな経験をされたこともあるかもしれません。

 

 

どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

 

 

やる気と情熱を持ち

あなたの会社に合う優秀な人材と出逢う

もっと効果的なアプローチの仕方があるとしたら…

 

知りたくないですか?

 

マネジメントデザインがお勧めしている効果的な方法が

 

採用サイトなどで「活動的に就職活動をしている人」を狙うのではなく、

「活動的ではないが、潜在的に転職を考えている人」を狙う方法です。

 

転職をしたいと考えている人の中には、2つのタイプがあります。

 

1つ目のタイプは『活動的に』転職活動をしている人です。

転職サイトに登録し、いろいろなキャリアに登録し、

活動的に転職をしている人は25%と言われています。

 

あなたが、優秀な人材に出会いたいと思い、媒体に掲載を依頼し

今まで出会って来たのが、この25%の中にいる人材です。

 

 

しかしながら、

この活動的に転職をしている25%の中身を見ると

仕事に情熱を持った人材ばかりではありません。

 

そして

会社の中で活躍できなかった人材も含まれているのです。

 

これが、

今までの採用サイトを利用した採用のカタチです。

 

そして、あなたがあきらめてしまいそうになる

採用のカタチでもあります。

 

ただここであきらめてしまっては勿体ない!

 

 

先ほどの25%の数字の裏を返せば

 

『活動的でなないが』潜在的に転職を考えている人は75%おり

転職サイトには登録せず、現在も活躍している『優秀な人材』がいるのです。

 

 

あなたは、この、

『活動的ではないが、潜在的に転職を考えている人の存在に気付いていますか?』

 

あなたが出逢いたい『優秀な人材』は、この75%の中にいるのです。

 

企業側として、

「採用」は企業が望む人材に近い人を採用したいことでしょう。

 

ですが、考えてみてください。

そのような望む人材が都合よく会社を辞めて、

活動的に転職活動をしている可能性は低いのではないでしょうか?

 

私たちのクライアント様からよく聞こえてくるのは、

「辞めていった人材の方が、採用した人材より能力が高かった」

「年々、採用サイトからの人材の質が下がってきているように思える」といった声です。

 

人材の数が減ってくるこれからの時代は、

・潜在的に転職を考えている75%の中にいる優秀な人材

・自分の会社との相性の良い人材、を

『確実に採用する戦略』を構築しなければなりません。

 

 

でもどうやって潜在的な就職希望者にアプローチしたら良いのか?

次回はその具体的な方法についてお伝えしていきます。

 

マネジメントデザインへのお問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

052-950-3660 受付:平日9:00〜18:00