ブログblog

最近注目されているインフルエンサーマーケティングとは?

近年注目されているインフルエンサーマーケティングとは?

 

近年、 動画を使ったインフルエンサーマーケティング効果が注目されてい ます。

この「インフルエンサー」とは、日本語に訳すと「影響」「効果」 などの意味になります。

過去には、芸能人や有名スポーツ選手など、 メディアに露出している人物がインフルエンサーとして起用されて きました。

しかし現在のインフルエンサーマーケティングは、 企業なども一般人を起用する傾向に変化してきています。

 

インフルエンサーマーケティングの背景とメリット

 

企業がインフルエンサーマーケティングに一般人を用いるようにな った背景には、世界中で多くの人が活用できるするSNSの存在が あります。

最近は芸能人以外の一般人でも、 多くのフォロワーを持っている人たちが存在します。

企業側にとっては、 一般人を起用することで広告費を抑えることができ、 更にリアリティのあるマーケティングにもつなげられるメリットが あります。

 

 

消費者にメッセージを届けやすくなる

 

最近ではネット上の広告を煩わしいと感じ、 広告の自動ブロック機能を導入する人が増えています。

その点インフルエンサーマーケティングでは、 消費者に売り込みだと思われにくく、 内容を見てもらえる環境を作り出すことができます。

またアルゴリズムが導入によって、 企業側が広告を投稿するよりも、 リーチされやすく広く拡散できるメリットもあります。

 

 

 インフルエンサー活用に有効なツールは?

 

インフルエンサー活用に有効なツールは、Twitterとインスタグラムです。

Twitterとインスタグラムの双方の共通項は、

⑴ 動画広告を活用しやすい ⑵ 拡散力が高い、という2点です。

なので、Twitterとインスタグラムを用いてインフルエンサ ーをうまく活用すれば、大きな広告効果が期待でき、 販促拡大につながる可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

Twitterのインフルエンサー活用

 

メリットとしては、Twitterは表現の自由度が高いため、 幅広い企業やサービスが活用できます。

ただしTwitterの場合、タイムラインの流れが速いため、 文字のみですとアプローチが弱いかもしれません。

 

この場合インフルエンサーマーケットでは、文字+画像、 もしくは動画が一般的です。

ハッシュタグについてはインスタグラムの方が優れているため、T witterでのハッシュタグ利用は少なくなってきています。

ユーザーの興味を惹くためには、投稿するテキストや画像、 動画内容の質が大きなポイントとなります。

 

 

 インスタグラムのインフルエンサー活用

 

インスタグラムもTwitter同様に、文字+ 画像もしくは動画で構成されています。

またインスタグラムは、 キーワードがカテゴリ分けに当てはまります。

 

商品名や関連するキーワードをハッシュタグとしてつけることで、 商品やサービスを知らないユーザーの目にも届きやすくできます。

ただしインスタグラムは、 URLを貼ることができません。

 

なので、企業側のインスタグラムのアカウントを掲載して飛ばす、 あるいはインフルエンサーのプロフィール欄に

URLを掲載して飛 ばすなどの、誘導する為の工夫が必要となります。

 

フォロワー数が多く反響を呼びやすい人物に投稿してもらうことで 反響を呼ぶことから、

近年企業側がインスタグラムを介して、 イメージアップをはかることが増えてきています。

 

 

また従来のタレントや著名人を起用するのと違い、 インフルエンサーの場合は、自身のアカウントで投稿します。

普段の投稿の中にランダムに入れていくことで、広告・ 宣伝であることを意識させずに、 商品やサービスをアピールできます。

特にインスタグラムのユーザーは若年層が多いため、 このような手法で世代の心を掴むことができるのです。

 

 Youtube動画に商品紹介の入れ込みをして活用してする

 

最近はYoutube動画を知らないという人は珍しくなってきま した。

同時に動画サイト「Youtube」を通して、 商品のレビューや説明、 使用方法などをアップロードしてアピールする手法も盛んになって きています。

Youtuber動画とリンクさせることが自然な流れとして成立 していれば、例え宣伝とわかっていても、 受け入れやすくなるようです。

 

 

インフルエンサーマーケティングで注意すべき点

 

インフルエンサーマーケティングで注意すべき点は、「 ステルスマーケティング」「 フォロワー数や人気だけを基準にしてしまう」「 一次的な投稿で終わらせない」の3つです。

ステルスマーケティング、ステマは見分けられてしまった場合、「 騙された」と感じることもあり、 企業にとってはダメージとなりかねません。

 

インフルエンサーマーケティングにおいて影響力のある人物の起用 は大事ですが、 フォロワー数や人気など数字のみにとらわれてしまうと失敗してし まう可能性もあります。

また通常の商品であれば、 一時的な投稿で終わらせてしまわないよう注意しましょう。

 

ブランディング効果を狙うためには、 長期的な目線で考えたインフルエンサーマーケティングを行うこと が必要です。

共感されなければマーケティングに好影響を与えることはできませ ん。

 

深い共感が得られれば、SNSの拡散力などによって商品やサービ スのアピールにつながります。

 

マネジメントデザインへのお問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

052-950-3660 受付:平日9:00〜18:00