ブログblog

【松尾直伝!仕組み化のススメ20(最終回)】自社なりの「仕組み」をデザインしましょう!

いつもマネジメントデザインのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

代表の松尾淳一です。

 

「仕組み作り」についてお伝えしていく「仕組み化のススメ」シリーズも、

今回で20弾を迎え、最終回となりました。

これまで19回にわたって、

・仕組み化とはなにか

・企業や業界が直面する問題点

・仕組み化のポイント

・仕組み化をするためのステップ

・仕組み化すべき要素

・仕組み化に必要なマニュアル作り

・テストの重要性

・バイブルについて

などを語ってきました。

 

日本の人口が減っている今、

経営者や社長、院長、オーナーたちの仕事が肥大化してしまっています。

人口が減り、採用人数が減ることで、仕事量や業務量が増え、

「経営者が本来やりたいこと」が真にかなえられていない現状があります。

 

なぜ運営がのびないのか?

なぜうまくマネジメント、マーケティングができないのか?

それは個人の采配や個々の能力の問題ではなく、「仕組み作り」ができていないからです。
「仕組み作り」のやり方ができていないからです。

マネジメントとマーケティング分野「仕組み作り」は急務なのです。

 

これからの企業に求められる対応

 

10年間に1,000万人というペースで減少する人口。

今後、あらゆるマーケットが縮小し、働く人の数も減少していきます。

12人があらがったところで太刀打ちできません。


マーケティングとマネジメントを変えて、変化に対応しなければいけないのです。

 

「昔のやり方が通用するのではないか?」

「人口は増えて元に戻るのではないか?」

そんなことは絶対にありえません。

 

どの会社も、どの経営者も、

マーケティングとマネジメントの問題を「絶対に考えないければいけない時代」に突入しました。早めに変化に対応できる人が今後の勝ち組になります。

業界の中での次の潮流になるのです。


マーケティング面では

・縮小するマーケットへの対応

・生産性の向上

・多様化するニーズへの対応

・少人数で生産性をあげる「仕組み作り」


マネジメント面では

・多様な人材を活かす

・多様な働き方を認める

・教育の体系化

・少人数で生産性をあげる「仕組み作り」

こうした対応が必要となってきます。


ブログでは経営者のKKK(勘、根性、感覚)」のお話をしました。
【松尾直伝!仕組み化のススメ③】仕組み化のポイントは『KKKと経営者からの脱却です!』

もちろん、ビジネスの中で勘や根性、感覚が大事な部分もあります。

しかし、すべてのものがKKKで乗り越えられるわけではありません。


肥大化しすぎた業務をスリム化して、

限られた人材をどうやって仲間にして、同じ方向性に導いていくのか?

これは「仕組み」を作る他ないのです。

 

自分なりのマーケティングとマネジメントをデザインする

 

「仕組みを作る」という言葉だけ聞いてみると当たり前のように思えるのですが、

これを実践しようとすると簡単ではありません。

たくさんやべきことがあり、悩むこともあります。

業界や業種によって、働き方も異なります。

 

私はいろいろな業界の方とお付き合いしていますが、

医療業界など、人(院長)の力に頼っている「属人的な業界」は多いです。

もちろん、人の力に頼る方法は良い部分もありますが、

人の力ややる気には限界があります。

一人が倒れたら何もできなくなる恐れがあるのです。

「属人的な業界」であるからこそ「仕組み作り」が大事になってきます。

それぞれの業界なりに「仕組み」を作っていくことはできるのです。

 

これからは、

「皆さんなりの、自社なりのマーケティングとマネジメントデザインしていかないといけない時代です。

 

「仕組み作り」の方法で悩んでいる!

「仕組み化」に興味がある!

・聞いてみたいことがある!

・知りたいことがある!

そんな方は、ぜひマネジメントデザインにぜひご相談ください。

 

「仕組み化のススメ」シリーズは今回で最終回ですが、

今後もっと、

「仕組み作り」を詳しく学べる機会を作っていきたいと考えています。

 

あなたの会社なりの「仕組み」を作って、生産性を高め、

これからの時代を乗り切っていきましょう!

 

長い間お付き合い頂き、ありがとうございました!

マネジメントデザインへのお問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

052-950-3660 受付:平日9:00〜18:00