ブログblog

デジタルコミュニケーションで部下へフィードバックしていますか?

社内のコミュニケーションを円滑にするための、様々なシステム(ツール)が増えています。

社内SNS機能を持ち合わせたグループウェアも多く登場し、社内でデジタルなコミュニケーションを導入している企業も多いと思います。

そこでひとつ、注意すべき部下とのコミュニケーションのコツをご紹介します。

業務に関する報告(営業日報・業務日報)を毎日部下から提出させたり、社内SNSなどチャットツールで何かメッセージを受け取る場合、大切なのは必ず「読んだ」という反応を返すことです。

 

対取引先に対しては、当然と思えるこのような事でも、つい「権力」を持っている上司という立場では、このようなかんたんなことをついつい蔑ろにしてしまうことが多いようです。

結果、部下は上司が報告をしっかりと読んでくれているかどうかわからないという状況になり、真面目に報告を行わなくなることがあります。

 

「ありがとう」、「確認するよ」、「おつかれさま」・・・そんな言葉をしっかりとデジタルのコミュニケーションでも大切にすることが、部下マネジメントにおいて重要だと思います。

 

とあるIT系企業では、「ポエム」と呼ばれる、一言のコメントを社内SNSで上司へ終業時に送ることを行っています。

そこでは、「ポエム」の名の通り、つぶやきのような、感情的なコメントでもよく、形式的な報告ではなく部下の感情面の状況も知ることができます。

そして、大切なのは、そのポエムに対して必ずフィードバックをするということです。

 

対面で部下から声をかけられて無視をする方はいないと思いますが、デジタルだとついついやってしまいがちな、今回ご紹介の内容。

是非、気を付けてみてください!

マネジメントデザインへのお問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

052-950-3660 受付:平日9:00〜18:00