ブログblog

マニュアルは動画で見せる時代に。分かりやすいと好評の動画マニュアル作成のススメ

マニュアルといえば紙が主流で100ページを超えるものもあり、読むのだけでも大変です。

さらに内容を理解しにくく、何度も読み返すなんてこともよくあるでしょう。

多くの時間を費やし言葉の意味を理解したとしても

実際にやってみたら出来なかったなんてケースもよく聞かれます。

なぜマニュアルを作るのか?

それは誰が見ても同じ動作が出来るようにするためです。

一番良い方法は、理解している人が横につき相手に寄り添いながら進めていくことかもしれませんが、

現実的ではありません。

その役割を果たすのがマニュアルであるのです。

 

では、マニュアルがあれば役割を果たしてくれるのでしょうか?

皆さんもご存じのように答えは『NO』

 

大切なポイントは

1、見やすいものになっている

2、誰が見ても理解できるの

3、すぐに見たい箇所が探せるのか

 

この3つのポイントを押さえることが活用できるマニュアルにとても重要です。

1、見やすいものになっているか

マニュアルはまず見てもらわないと始まりません。

見る側の立場にたった時に100ページにも渡り文字だけで書かれたものを果たして読んでもらえるでしょうか?

読み終えたとしても頭に残っている情報はごく一部かもしれません。見たくなる(見る側が苦痛でない)ものにする必要があります。

 

2、誰が見ても理解できるのか

よくあるケースが作成者の視点で作られているマニュアルです。

誰に基準を合わせて作成するかが重要です。

誰でも出来る化(理解する化)するためにはポイントを整理し専門的な言葉を使用しないことが望ましいといえるでしょう

 

3、すぐに見たい箇所が探せるのか

人によって見たい箇所は異なります。

自分がもう一度見たい箇所がすぐに見つけられること。

さらに困ったときや見たい時にすぐに見られるマニュアルであることも重要です。

きっと紙100ページのマニュアルは持ち運びも大変ですし、探すことにも時間がかかると言えるでしょう。

 

 

ではなぜ、大半のマニュアルが役割を果たしていないのでしょうか?

大きな原因のひとつは、社会の動きに合わせられていなことが挙げられるでしょう。

 

スマホの普及、ネット環境の整備、技術革新などにより、

効率的かつ低コストで生産性を上げることが可能な時代となりました。

 

どこからでも見ることができ、何度も見たい箇所が繰り返し確認でき、

少ない時間で理解し行動に変える。これが現代に必要なマニュアルです。

それが、紙ベースではなく、動画で作るマニュアルです。

 

年々増え続ける動画マニュアル。

皆さんもマニュアルがあるからと安心せず、一度見直してみてはいかがでしょうか?

マネジメントデザインへのお問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

052-950-3660 受付:平日9:00〜18:00