システムづくり

人のマネジメントとは何か?

「マネジメント」とは、英語の表現のため、 言い当てる適切な日本語はないと思われます。

ビジネスやスポーツ系など、 いろんな著者が「マネジメントとは○○」と 定義はしていますが、明確に言い当ててはいません。

一方、日本では、近年は特に マネジメントに注目が集まってはいますが、 日本語訳の勘違いされた表現のまん延が気になります。

その1つに「マネジメント=管理すること」。

これは、マネジメントの1つの意味合いでは ありますが、決して総称するものではありません。

管理がすべて、ではないことは覚えておいてください。

 

では、マネジメントとは何でしょうか?

続きを読む

動画作成に欠かせない自分の見せたいものと視聴者のニーズを一致させるとは

動画作成で忘れてはいけないことは、視聴者にどのような変化が起こるかが重要で、ただ見て終わりでは全く意味がありません。クオリティの高い映像が完成し満足しているのは、制作側やクライアント側の自己満足になってはいないでしょうか?

 

映像で伝えれる情報は静止画に比べ4000〜5000倍とも言われており、

伝えたいことが明確に伝えきれていない映像を制作し発信することは、とても危険であるとも言えます。

 

では映像の価値を最大限化させ、どのように見せたいものと視聴者のニーズを一致させていくのか。

大切なことは2つあり、①第三者の視点②コトで捉える目があるかないかです。

続きを読む

リーダーを育てる仕組み ③

リーダーは簡単に育つのでしょうか?

決して簡単ではありません。

会社の理念や風土をじっくり染み込ませ、

リーダーとしての考え方やや行動習慣を熟成させていく必要が有ります。

続きを読む

リーダーを育てる仕組み ②

TVや映画のヒーローのように特別な力を持っている人を期待するのは現実的ではありません。

リーダーとして育った、もしくは育ちかけている社員を狙って採用するのも難しいころですし、

そもそも他の会社でリーダーとして実績があっても、自社で同じようにリーダーとして活躍できるとは限りません。

 

会社の理念や社風によってリーダーの育ち方も異なるのです。

 

中小企業は育ったリーダーを採用することを期待するのではなく、

自社の中でリーダーを育てる仕組みを持つべきなのです。

 

 

動画作成に欠かせないイメージの可視化とは(後編)

前回記事の前編では求人募集を例に、イメージとは人それぞれ違い立場によっても変わってくるものであることを説明いたしました。

 その大きな理由は

 イメージ=無形 であるということ。

 想像(イメージ)とは形あるものでは無く自由自在に変化していくものであるため、形にすることが非常に難しいです。

 では思い描いているイメージを形にする方法はあるのでしょうか。

  続きを読む

合わせていないのはどちらか?

昨今の企業における
“人手不足”は深刻と言われています。

昨年の有効求人倍率は約1.25倍で、
バブル期を越える水準となり、
多くの企業が人の問題に頭を抱える状況が続いています。

とある就職・転職斡旋の会社が
人事担当者を対象に実施したアンケート結果では、
84%の企業が「人材不足の部門がある」と回答――。

御社の採用活動は大変でしょうか?
募集したら、すぐ集まる状況と感じますか?

続きを読む

リーダーを育てる仕組み①

『人はリーダーなんかに生まれない。生まれついてのリーダーなど存在せず、リーダーとして効果的にふるまえる習慣を持つ人間が、結果としてリーダーに育つのだ』

ピーター・F・ドラッガー

続きを読む

マーケティングとマネジメントの重要な関係

マネジメントデザインでは、「マネジメント」という言葉と同じくらい「マーケティング」という言葉を使います。
なぜならば、企業の成長において、この2つは無くてはならない二大柱と言えるからです。
なぜ、マネジメントとマーケティングは密接に関係しているか、ご紹介したいと思います。

続きを読む

動画作成に欠かせないイメージの可視化とは(前編)

前回のブログ記事『マネジメントを取りいれた映像を作る3つの必要性』の中から今回は『①イメージの可視化』について

伝えていきたいと思います。

前回のブログ記事はこちら http://mg-design.co.jp/blog/want_mov_3/

 

皆さんが今、頭の中でイメージしていることを周囲の方が知るまたは見ることはできるでしょうか?

続きを読む

セルフマネジメントの第一歩!「インボックス」を活用しよう

マネジメントと言うと、「部下をマネジメントする」「上司によるマネジメント」など、誰かが誰かを…というイメージがあります。
しかし、大切なマネジメントのひとつに「セルフマネジメント」があります。
強い組織とは、しっかりとセルフマネジメントを出来るスタッフが居るところだと言えます。
そのセルフマネジメントの第一歩となる個人のワークフロー管理(GTD)の中から「インボックス」という手法をご紹介します。

続きを読む