社長は社長の仕事ができていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大企業から中小企業まで、さまざまな会社の

経営のお手伝いを、今までにさせていただきました。

その中で、感じたことがあります。

 

それは、社長は社長の仕事ができているか、ということ。

2000年と比較すると、下記のデータがあります。

 

  • 今の企業は、現場の仕事の総量が3~5倍に
  • 求人は業種にもよりますが、応募数が約3分の1に
  • 若者の価値観は多様化し、5~10倍といわれる

 

仕事は増えるが、人は来ない、価値観が変化している…。

そんな状況に企業として対応しないといけません。

 

まずは人の業務を仕組み化し、解決すること。

あとは、人にしかできないことに専念することが大事です。

 

ぜひ会社の状況を見直してください。

 

人がやらなくていいことを、人がやっていませんか?

 

今の時代、パソコンはじめ、いろんなシステムがあります。

そういったものを活用できていますでしょうか。

今の技術に追い付けない、となげいて済む状況ではありません。

加速する時代の流れの中、会社として取り残されるのは明らか。

 

残念ながら、多くの会社の状況を見させていただく中で、

どうでもいいことを、人がやっているケースがありました。

 

しっかりと考えてみましょう。

 

社長は、社長にしかできない仕事をやる。

ナンバー2の人間は、その人しかできないことをやる。

 

当たり前ですが、やらなくていいことはやる必要はない。

誰でもできる業務をして、満足してはいけません。

 

「会社の売上が伸びない。社長の私も一緒に働いているのに」

と相談されますが、それは社長業に専念できていない証拠です。

 

組織の基本ともいえる適材適所を大事にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る