お客様の声

  • 今までに社員教育でいろいろと失敗してきましたが、この方法で悩みが解決しました!(名古屋市 製造業)
  • 当社の理念である「たくさんの人に喜んでもらうサービス」を実現できるようになりました。(岐阜市 飲食店経営)
  • 自分たちだけでは、見えない視点から分析し、分かりやすくまとめるプロセスはまさに専門家。(愛知県 美容院経営)
  • 当たり前のことを何度も伝え、できないスタッフを見てイライラしていました…。これは欠かせない教育ツール。(大阪市 建築業マネージャー)
  • スタッフもこういう教育を待っていたんだ、と気づかされました。(愛知県 エステサロン経営)

他にも、私たちのサービスを受け、業績がアップした業種を紹介いたします。

・飲食店・小売業・美容業・広告代理店業・学習塾・医療介護サービス業・建設業・製造業・建築業・運送業・卸売業・不動産業・レンタカー業・ホテルリゾート業・住宅機器業・フィットネス・エステティック業・百貨店・アパレル業など。

今回、案内している内容は、動画を使った新しい人材育成の仕組みのご提案です。

弊社には、10年以上人材育成に関わってきた実績から、

それぞれの企業ごとの問題点を分析し具体化していくノウハウがあり、

それを視覚的な動画にするスキルがあり、152社の成長を支援してきた実績があります。

業種や企業規模は問いませんが、8割以上が中小企業さまがクライアントです。

こんな課題抱えていませんか?

動画によるマネジメントサービスでは、下のような課題を持っている会社から、特に指示をいただいています。

  • スタッフによってサービスの内容がバラバラ。クレームを減らしたい。
  • 営業担当によって売り上げに大きな差がある。プロセスを標準化したい。
  • 社長の考えや思い、ビジョンがなかなか伝わらない。一体感をつくりたい。
  • 上司によって、教育に差がある。教育を仕組み化したい。
  • 一部のスタッフに負担が偏っている。チームとして活動できる組織にしたい。

“伝えること”と“伝わること”は違います。

部下の指導は難しい。
熱意をもって教えていたとしても、相手が育つとは限りません。

部下が育たない、ということは、お客さまに十分なサービスが提供できないですし、
部下が育たない、ということは、経営者としてやりたいことができないことにつながっていきます。

部下の指導のキーワードは、“伝える・伝わる”ということです。
ですが、その部分に大きな悩み、ストレスを抱えている組織は少なくありません。

下記は、飲食店を経営している方からいただいたメールの一部です。

私たちは、飲食店を営んでいます。

地域のお客様の笑顔のために15年、〇〇の地域で3店舗の和食屋を経営しています。

 

先代からのモットーは、“お客様を味と接客で、もてなそう”というものです。

味に関しては、私と店長とでこだわりにこだわりを重ねていることもあり、お客様からの評価は決して悪くありません。

 

ですが、最近、お客様から接客についての要望をいただく回数が増えてきています。若いスタッフや経験の浅いスタッフが多いので、教育係をつけてお店で大事にしている考えや行動を伝えているのですが、なかなか思ったように成長していません。

 

常連のお客様から厳しい声をいただくこともありますので、スタッフに注意してもなかなか改善されません。伝わっていないのだと思います。」

いろんな会社で、よくあることです。

“伝えた”からと言って“伝わる”とは限りません。

これは普段のコミュニケーションでも同じことです。

一方的に伝えたからと言って、相手がその通りに動いてくれる保証はないのです。

今までのコミュニケーションや部下指導のやり方を見直す必要があるのです。

大事なことは、相手が理解でき、相手が行動できる状態にすること。

言葉とは便利なコミュニケーションツールです。ですが、実は、コミュニケーションのやり方は、学校などで教えてもらうことはありません。

その結果、おとなになってからも、感覚的、経験的に行ってしまう傾向があります。

ですが、物事にはコツやポイントがあるように、コミュニケーションにもポイントがあるのです。

弊社ではそのようなポイントを分析し、企業さまにお伝えしています。

コミュニケーションのポイント。例えば・・・

  1. なぜ、その行動をして欲しいのか?を具体的に、相手のメリットも含め伝えること。
  2. 仕事の中で、どんな行動が違いを生み出しているのか?を明確にすること。
  3. その動作をどのようにすれば習得できるのかを伝えること。
  4. できるようになるまで、反復練習できる環境をつくること。

ということが重要になります。

そのようなポイントを押さえずに、

「お客様のことを考えて行動しなさい!」

「おもてなしの心を忘れないように!」

「お客様の小さな変化を見逃さないようにしよう!」

などと、

何度も繰り返し言ったとしても、相手に伝わることは決してないのです。

~百聞は、一聴に如かず~動画には、100回指導するのと同じ効果がある。

マネジメントデザインでは、“伝える”マネジメントのお手伝いとして、

動画を活用した人材育成を提供しています。

動画を使った人材育成には、多くのメリットがあります。

! 言葉での伝わる量が1とすると、文字だと2倍!映像だと4倍!になる 

! 誰でも同じ温度感でメッセージを伝えることができる 

! 聴覚だけなく視覚に訴えることができるので、より説得力が高まる 

! 相手の好きなタイミングで視聴することができる 

! 何回も繰り返し視聴することができるので、自分のペースで学習できる 

そして、忘れてはいけないことが。

今の時代は、テレビだけではなく、

パソコンでもスマホでも映像があふれています。

スタッフの周りには映像が多くあり、

映像に囲まれて生活をしているのです。

そのような環境の中で生活をしているのにも関わらず、

仕事の指導だけは、

口頭で指示をもらうだけ、抽象的で分からない、では、

学ぶスタッフが対応できない、

成長できないのも当然なのかも知れません。

人材育成や教育の仕組みは、新しい時代に入っているのです。

動画活用例

活用例その1

スタッフのサービスを向上させる映像メニュー

接客やサービス、おもてなしの内容を映像にまとめます。

✔ 見落としがちな接客、サービスのポイントをまとめます。

✔ ベテランスタッフの考えや動きを標準化します。

✔ クレームにつながるポイントを事前に共有します。

✔ 新人がやるべき業務を教育視点で仕分けます。

✔ リピート率アップや単価アップにつながるポイントを

明確にします。

事前ミーティング、ヒアリングを行い、15分~20分程度の映像をつくります。

活用例その2

営業プロセスを高いレベルで標準化する映像コース

営業成績を上げるための考え方と望ましい行動を標準化します。例えば・・・

✔ 成果を上げている営業はどのような視点と思考で営業をしているのか?

✔ お客さまとの関係のつくり方をノウハウ化します。

✔ 新人でも使える商品の提案方法を標準化します。

✔ クロージングのやり方、タイミングを標準化します。

✔ 新人がやるべき業務を教育視点で仕分けます。

✔ 継続して受注するためのポイントを明確にします。

をまとめます。

事前ミーティング、ヒアリングを行い、15分~20分程度の映像をつくります。

活用例その3

社長の考えや思い、ビジョンを伝える映像コース

経営者の考え方やビジョンを短期間で組織に浸透させるサポートを行います。例えば・・・

✔ 会社の歴史や創業の思いをまとめます。

✔ 会社が目指す未来を具体化します。

✔ 業界の中でどのような差別化をしていくのかをまとめます。

✔ スタッフに期待していることを具体化します。

✔ どのようなチームをつくっていきたいのかを具体化します。

事前ミーティング、ヒアリングを行い、15分~20分程度の映像をつくります。

事例集ダウンロードはこちら!

以前から人材育成で悩んでいる、思ったようなマネジメントができていない、
というお悩みをお持ちでしたら、必ず力になります。
お問い合わせも大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

お気軽にご相談下さい

mail@2x

お問い合わせ

Read More
Meeting@2x

トライアルコンサルティング

Read More
book@2x

事例集ダウンロード

Read More